« ハニー・フラーッシュ! | Main | ばきばきばき。 »

May 25, 2004

味覚:ウィンターグリーン

ウィンターグリーン。しかも味覚?

ほとんどの日本の方には、なじみのない言葉だと思います。

職場でたまにアメリカ出張に行く人がいるのですが、その人がいちびって「ウィンターグリーン味」のキャンディ(というかタブレットというか)を買ってきたのが発端でした。
実はウィンターグリーン味というのは、ミントの一種の人工甘味料で、海の向こうではペパーミントなどと並ぶ代表的な「刺激系甘味料」の一つ、らしいのですが。

その時アメリカ土産を前にした誰もが、手を出すのを躊躇してしまいました。

……おおっと、手を出した! いや、しかし悶絶している!

だってこのウィンターグリーン、サロンパスと同じニオイなんですよ。

かつて湿布薬に香料が使われ始めたとき、誰かが「清涼感あふれ、覚醒効果もあり、菓子にも使われているなじみのある香りなので気持ちも和ませる」と思ったかどうかは知りませんが、ウィンターグリーンの香りが使われるようになったとかどうとか。
しかし、日本には菓子としてでなく湿布薬の方が先に渡来してしまったわけで。
従って、日本人には「このニオイはサロンパスのニオイ」という印象が先に刷り込まれてしまった、ということのようです。
ほんとかなあ(w

ちなみにその時の土産以来、今年もアメリカ土産はウィンターグリーン味でした。
なお、味はサロンパスと同じかどうかは不明です。
(いや普通食べないし>サロンパス)

もっとも、私は好きなんですけどね
土産に選ばれたのはここの銘柄。→ www.altoids.com

|

« ハニー・フラーッシュ! | Main | ばきばきばき。 »

Comments

まあ、フリスクみたいなもんです。>Altoids
適度に甘くてさっぱり刺激、あとを引きません。

もちろんウィンターグリーン味とだけ言えば、フリスク風のタブレットだけじゃなくていろんなものに使われています。

Posted by: gombe | May 26, 2004 12:00

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 味覚:ウィンターグリーン:

« ハニー・フラーッシュ! | Main | ばきばきばき。 »