« 連絡誌ラッシュ再び | Main | 例会連絡「伝令!!」 for 2008/08/17 »

July 13, 2008

例会連絡「伝令!!」 for 2008/07/20

<<冒険帝国

Subject: 冒険帝国よりお知らせ『伝令!!』Vol.148

 こんにちは。『冒険帝国』代表のGombeです。


◎ 例会(及び公開セッション)開催のお知らせ

 次回の例会を下記の通り行いますので、連絡いたします。

   次回:平成20(2008)年7月20日(日) 9:30受付 10時頃~開始
   場所:大和郡山市・三の丸会館  2階 視聴覚室

 内容は相変わらずテーブルトークRPGのセッションです。システムは当日の参加
者により決定します。会費は500円程度でマスターは無料、昼食は各自で取ってい
ただきます。また今回も公開セッションと称して、一般の方の参加を受け付けます。

 三連休の中日でちょっとご都合の悪い人もいると思いますが、参加可能な方はよろ
しくお願いします。またその意味でも、間際の連絡となってしまいご迷惑をおかけし
て申し訳ありません。

 7月のお題は海の日にちなんで「海」とします。前もありましたが、気にしない。
 海と言えば現代でこそリゾートのイメージですが、「板子一枚下は地獄」というよ
うに、昔は海を渡ること自体が命を賭けた行為であり、同時に海は底知れぬ魔性の世
界であり、海を渡った先は死者の国があると言われていました。常世の国、ニライカ
ナイ、などはその例でしょうか。海の向こうから神々がやってくる、と言うモチーフ
もあって日本神話にも散見されますが、それは文化の伝播に関する祖先の記憶を示す
伝承かも知れません。もっとも、それがミスリードされてしまって民族の滅びに繋がっ
てしまったアステカ文明のような例もありますが。
 近代の創作で、魔性の海のイメージの集大成とも言えるのが「クトゥルー神話体系」
に登場する南太平洋の底のルルイエの主、火地風水の四大の「水」の権化でもあるク
トゥルー(クトゥルフ)ですね。数多の眷属を従え、海の底から地上の再支配を窺う
眠れる邪神、と言うイメージは、海に感じる不気味さと恐れをよく表現したものと言
えるでしょう。……まあ、そもそもTRPGに登場させる代物ではありませんけどね。も
し出てきたら、それはパーティ全滅を示唆していると見て間違いありません。
 凪には美しく、しかし荒れ狂えば人間などひとたまりもない、大自然の象徴にして
生命の母である「海」を、今回のお題とします。

△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△

 例会への参加連絡等、代表宛のご連絡は、
 電子メールかWWW上の掲示板にてお知らせ下さい。
 活動の最新状況や予定なども、WWW上の掲示板をご参照下さい。
 ( http://homepage2.nifty.com/gombe/BOUKEN/ または
  http://gombe.air-nifty.com/text/2004/04/empire.html からどうぞ)

 それではまたオフラインでお会いしましょう。

〈『伝令!!』Vol.148/2008年7月13日  "Gombe": GFF02522 @ nifty.ne.jp 〉

|

« 連絡誌ラッシュ再び | Main | 例会連絡「伝令!!」 for 2008/08/17 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 例会連絡「伝令!!」 for 2008/07/20:

« 連絡誌ラッシュ再び | Main | 例会連絡「伝令!!」 for 2008/08/17 »